少年サッカー

【4歳、5歳】幼児向けサッカー練習メニュー 運ぶドリブルを意識しよう

4歳、5歳頃になると、まわりでサッカーを習い始めるお友達も増えてきますよね。

 

土日のサッカースクールや少年団、平日も幼稚園の習い事としてサッカーを始める幼児も多いかと思います。

 

カエルくん
カエルくん
公園で親子でサッカーを練習している風景もよく見かけますね!

 

今回は、4歳5歳などの幼児期での親子で出来るサッカー練習メニューを紹介していきたいと思います。

 

私は、以下の書籍を参考に、子供が好きそうな練習メニューを組み立てています。

 

幼児期にサッカーを練習することに意味はない!?

「この時期にどれだけサッカーがうまくても、選手として完成する頃の実力とはまったく相関が無い」ということをよく耳にします。

 

しかし、プロサッカー選手などの経歴を見ると、幼児の頃からサッカーを習っていた選手が多いのも事実です。

 

幼児期でのサッカースキルの差は、本格的にサッカーを学び始める小学生年代ですぐに埋まってしまうレベルの小さい差だと思います。

 

しかし、幼児の頃から「ドリブル出来た!」「シュート決めた!」など小さい成功体験を積み上げていくことで、サッカーに対するポジティブな自信が生まれます。

 

その結果、サッカーが楽しくなり、練習に対しても自分から多くを学ぼうとする姿勢が付き、結果としてサッカー選手として大成するのだと思います。

 

勉強もそうですが、親としては子供のやる気を起こし、環境を整えてあげることが大切だと思います。

 

ガマくん
ガマくん
教え過ぎ注意な

 

そういった観点を持ちながら、幼児期のサッカー練習に取り組むことをおすすめします。

 

サッカー練習の目的をしっかり伝える

幼児期のサッカー練習で注意したい点として、「練習の目的をしっかり伝える」ことを意識してみてください。

 

4歳、5歳頃になると、色々なことに興味を持ち、また理解することが出来てきます。

サッカーの練習メニューについても同様で、完全には理解できませんが興味を持ってくれれば、こちらの説明を聞いて考えてくれます。

 

なぜこの練習をするのかを、少しでも良いので考えながら取り組むことが大切です。

 

カエルくん
カエルくん
考える習慣をつけることが大事です!

 

正直、最初は教える労力に頭を悩ませると思います。。

 

しかし、サッカーに限らず何かを考えることは大切ですので、サッカーを通してそういったことを伝えられるように頑張りましょう!

 

幼児とサッカーを練習する際の教え方のコツ

実際にサッカーの練習を進めるうえで、幼児期ならではの教え方のコツがあります。

幼児期の特徴をもとに、それぞれのコツを説明していきたいと思います。

短いメニューをいくつか組み合わせる

 

4歳、5歳の子供達は、一つのことに集中出来る時間がとても短いです。

 

一つの練習メニューは長くても5分ほどにしましょう。

カエルくん
カエルくん
練習メニューを何個も考えるのは、保護者の腕の見せ所です!

 

出来なくても固執しない

 

理解力が高まってきている年代ですが、まだまだ完璧には教えたメニューをこなすことはできません。

 

そんな場合は、時間を区切って練習で出来たところ見つけて、まずは褒めてあげましょう!

カエルくん
カエルくん
誰だって褒められたら、また頑張りたくなりますよね!

 

コーディネーショントレーニングを取り入れよう

 

5歳頃までは、手や足を思ったように動かすことがまだまだうまくありません。

自分の体の動かし方に慣れることが、サッカー上達の一番の近道です。

 

ボールを使った練習の前に、走ったりジャンプをしたり全身を動かす運動を少しだけ取り入れましょう。

 

【幼児向け】サッカーにも役に立つ!運動神経を高めるコーディネーショントレーニングコーディネーショントレーニングってご存知でしょうか? 簡単に説明すると、「身体を思い通りに動かすためのトレーニング」です。...

ドリブル練習を中心にメニューを構成しよう

 

幼児期から小学生までの年代は、ボールコントロールが飛躍的に上達する時期です。

 

また、低学年ではドリブルが上手な子供が活躍しやすいという面もあるので、ドリブル練習を中心にメニューを構成することがおすすめです。

ガマくん
ガマくん
まずはボールに慣れることが大事だな
年中・年長世代のサッカーで楽しく活躍する方法我が家の長男も年中さんになり、地元のサッカーチームに所属しています。 まだまだ年中さんなので、練習メニューも以下のような簡...

 

ボールは出来れば4号球が良い

練習で使用するボールは、可能であれば4号球のサッカーボールを使用したほうが良いです。

 

小学生に上がっても使用できることや、ドリブル練習の際に4号球のほうが子供もやりやすいためです。

 

【年中・年長】本格的にサッカーをはじめるなら4号サッカーボールがおすすめ最近はサッカー日本代表の人気もあり、小さい頃からサッカーを始める子供が増えていますね。 幼稚園や保育園の習い事とし...

 

親子二人で出来る練習メニュー

ここからは、実際の練習メニューを紹介していきたいと思います。

 

まずは、公園などで親子二人で出来るメニューです。

 

練習メニューは子供の運動レベルに応じて、段階的にレベルを上げていってください。

 

カエルくん
カエルくん
全部のレベルが出来なくても、どこまで出来たかを明確にして達成感に繋げましょう!

 

ドリブル練習

 

ボールと一緒に走ることに、まずは慣れましょう。

練習する際は、④ドリブルからのシュートは必ず行うことをおすすめします。

 

  1. 20m走(ボールなし)
  2. 20m走(ボールあり)
  3. 鬼ごっこ(ボールあり)
  4. ドリブルからのシュート

 

パス練習

 

正直、この年代の子供はパス練習が好きではありません。

少しやってすぐに飽きてしまう場合は、無理強いせずスパッと違うメニューに移りましょう。

 

カエルくん
カエルくん
試してみて、早めに切り上げても良いです!

 

  1. ボールを手で投げる(短い距離)
  2. ボールを手で投げる(長い距離)
  3. 向かい合って利き足でパス。足裏でボールを止める
  4. 自由にドリブルをして、親の合図で利き足でパス

 

1対1

 

1対1は子供の好きなメニューです。

 

サッカーの攻撃と守備についても理解できるので、1対1の練習は毎回必ず練習してくださいね。

 

 

  1. ボールキープ(親がボールキープ)
  2. ボールキープ(子供がボールキープ)
  3. ゴールを決めて1対1

 

 

一人でも出来る練習メニュー

ここからは、子供一人で行える練習メニューを紹介します。

 

お母さんと公園に行く場合など、子供が自分で出来るメニューになっています。

こちらも段階に応じて難易度を上げていきます。

 

色々な走り方の練習(コーディネーショントレーニング)

 

地味な運動なので、子供一人では中々やりたがりませんが、、運動能力を高める効果の高いコーディネーショントレーニングも取り入れましょう。

 

  1. 横走り(左右)
  2. 後ろ向きダッシュ
  3. ケンケンパ
  4. スキップ
  5. ジャンプダッシュ(ジャンプの目標を設定してあげましょう)

 

ガマくん
ガマくん
ケンケンパとかスキップって難しいよな

 

ボールを高く上げてキック!

 

ボールを蹴る技術よりも、投げる技術のほうが難しいようです。

 

カエルくん
カエルくん
うちの子もボールを投げる動作はまだ苦手です。。

 

この練習メニューでは、ボールの動き方や性質を学ぶ事と、空間把握能力を付けることが目的です。

 

  1. ボールを目線まで投げる
  2. ボールを頭の上まで高く投げる
  3. ボールを高く投げ、バウンドが止まってから蹴る
  4. ボールを高く投げ、バウンド中に足裏で止める
  5. ボールを高く投げ、ワンバウンドしてからキック

 

ガマくん
ガマくん
小さい子はボールを上に投げるのも苦手

 

ボールフィーリング

 

足元の技術はこの年代から付けていくと、大きな財産になります。

 

子供のモチベーションアップのために、YouTubeにアップされている同年代のスーパーキッズ達の動画を見せてあげることも効果的です。

 

ガマくん
ガマくん
YouTubeには、バケモノばっかおるで

 

  1. 足裏でボールを動かす
  2. 左右の足裏で交互にボールに触れる(リズム良く!)
  3. 左右の足の土踏まずの部分(インサイド)でボールを股下で動かす
  4. 足裏でボールを動かしながら後ろに歩く
  5. 親がボールを投げて足でコントロール
  6. 親がボールを投げて体の色々なところでコントロール

 

ボールフィーリングの練習は言葉で説明を受けてもどういった動きか理解しにくいですよね。。

 

こちらのDVDでは実際に小学生低学年の子供がボールフィーリングの練習をしている動画が見られるので、子供も理解しやすいのでおすすめです。

 

キッズのトレーニングメニュー集 ジュニアサッカー クーバー・コーチング [ アルフレッド・ガルスティアン ]

created by Rinker

 

まとめ

 

4歳、5歳向けの具体的なサッカー練習メニューを紹介しました。

 

子供達が遊びの延長として楽しく練習出来るように、それぞれの子供にあった練習メニューになるようにアレンジすることも大切です。

 

練習メニューに限らず、親が子供にしてあげられるのは「環境を整えてあげること」が全てです。

 

くれぐれも、親が本気になりすぎないように、親も一緒に楽しむ気持ちで取り組んで頂ければと思います。